-The Stripes- 猫穴堂日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Soul Society 001

ひさしぶり!
1か月ぶりの更新さ。少し今までと趣向を変えてみようと思う。
つまらなければ、そのまま素通りして、また気が向いたら立ち寄ってくれ。

1960年代から70年代にかけて活躍したR&B、SOULのミュージシャンにCurtis Mayfieldって人がいる。
カーティス・メイフィールド。
知っている人は知っている。知らない人は知りっこない、クールで、だけど温かい音楽を奏でてくれた人物だ。
ここでは詳しい経歴は示さない。そんなものは検索エンジンで文字を打ち込めばいくらでも出てくる。

curtis-mayfield5.gif

彼は素晴らしい曲をたくさん書いている。
People Get Ready, Move On Up, So In Love, Back To The World, We're Winner, Super Fly...

そんな中で「Woman's Got Soul」という曲を今回は紹介しよう。
といっても歌詞を、ほんのさわりだけだが。


Woman's Got Soul

Now I'm just a regular fellow
I don't need much
I don't need a Cadillac car
Or diamonds and such

But the woman that I hold
She's got to have soul
And then I'm richer than the richer gold
If the woman's got soul


 俺はまぁ普通の男さ
 キャディラックやらダイヤモンドが
 どうしても必要ってわけじゃない

 だけどな、俺が抱きしめる女には
 なによりも、Soulがあるのさ
 それさえあれば
 ゴールドだろうがなんだろうが、かないっこないぜ
 その女にSoulがある限り・・・


Soulって言葉は、ふつう日本語だと「魂」って訳される。
それがどんなものだか、俺はまだ知らない。
だけど、何かあるんだろうな、と思う。時々それを探ってみるのもいいんじゃないかな、ということで今回の更新さ。

おぉ、ちょっと「ブログ」らしいじゃん!
バンドの紹介もするよ、今度は。(次は来年かな?)

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。